土田 和秀

土田 和秀

立命館アジア太平洋大学卒。在学中よりインターンシップとして参画していたスタートアップへ新卒入社。主に九州エリアの自治体営業&制作ディレクションを担当し、2019年ラグビーW杯へ向けてプロジェクトを推進。地域PRインバウンドサイト立ち上げから運営、そのデータを基にした観光コンテンツ制作を実施。その後、戦略PR/広告代理店で戦略推進本部にてストラテジックプランナーとして、上場企業からIPOを控えるベンチャーまで多様な企業の広告/PR戦略を推進。売り上げの拡大のみならず、価値の向上や感動の拡張の必要性を感じ、FRACTAへジョイン。ブランドコミュニケーションの可能性を信じ、FRACTAではコンセプトメイキング、ストラテジックプランニング、コピークリエイティブといった構想と実現を領域横断し、ブランドの魅力の社会実装を担う。