ブランドの空気感を表現したサイト設計

Client
株式会社ルルウェブ
Date
2021.3〜2021.7
Tags
#ブランド強化・リブランディング

Overview

日々の暮らしに寄り添ってくれる生活工芸品・デザイン雑貨を販売しているショップ「LuLu 縷縷」のECサイトのリニューアルを行いました。ブランドの言語化やビジュアル表現への落とし込み、商品予約や問い合わせ対応の運用面における負荷等を課題とされていたLuLu。FRACTAではブランドの言語化の提案から、デザイン提案、Web上でのコミュニケーション設計提案を行った上で、運用のしやすさまで踏み込んだ新たなECサイトを構築しました。

ブランド戦略策定

様々な視点からの分析を通してブランドを言語化

ブランドを言語化したいという要望に対し、様々な視点からクライアントへの綿密なヒアリングを実行。見えてきたキーワードについてのディスカッションを繰り返しながら、LuLuらしさを体現した言葉の具現化を行いました。また、これまでの分析やこれから目指していきたい姿を元にしたペルソナ設定も改めて行い、サイトの設計やデザイン提案に反映していきました。

コミュニケーション設計

作家の丁寧な手仕事を伝える設計

ペルソナに基づき、店舗の佇まいや商品のこだわりなどから伝わるLuLuらしい空気感を表現するデザイン、ビジュアルの方向性を提案。とくにLuLuの「作家を大切にしたい」という想いを意識したサイト設計を心がけました。またカスタマージャーニーについて検討していく中で見えてきた、サイトの利用にあたっての顧客タイプごとのマインドの違いも考慮して設計を進めていきました。

実装

ブランド、ユーザー、システムの3つの視点を意識したサイト構築

LuLuを訪れる様々な目的意識を持ったユーザーが使いやすいサイトを目指し、「素材ごとで検索する」、「作家で検索する」、「商品の利用シーンで検索する」という形で商品の検索軸を整理しました。また、検索したいのではなく、よりライトな気持ちでサイトを訪れているユーザーの存在を意識し、画像の見せ方やマウスオーバー時のエフェクトを通じた、店舗で商品を見るような偶然の出会いの演出も提案しました。

機能面では、新たに予約機能、再入荷通知機能を実装することで、問い合わせ対応等の負荷を軽減。また今後の運用も踏まえ、商品画像も入れ替えやすい仕様を提案に。ブランド側の想いとユーザー側の使いやすさ、システム側での運用のしやすさと3つの視点を意識しながら、LuLuらしいサイト構築を行いました。