Makuakeでの販売に向け、コルクの魅力を打ち出す総合ディレクション

Client
呉山コルク工業株式会社
Date
2020.9〜2021.6
Tags
#ブランド強化・リブランディング

Overview

コルク製品の製造を手掛ける呉山コルク工業のBtoCブランド「BARK OF K」。新たな商品をMakuakeで販売していくにあたり、単発ではなく継続的なブランドの成長を目指す取り組みを行っていきたいという要望を受け、総合的なディレクションを行いました。販売する商品のコンセプトの再定義を皮切りに、商品ネーミングの提案、ページ構成の提案、プロダクトデザインのブラッシュアップ、フォトディレクションなどを担当。近年注目されるサステナブルな素材であるコルクを、顧客の生活に寄り添う、新しさを感じるプロダクトへと昇華させました。

ブランド戦略策定

コルクの魅力を再発見してもらうために

究極のエコ素材であるコルクの良さを知ってもらうため、あえてシンプルなデザインで素材の良さを活かしながら、様々な人の生活に溶け込んでいく方向性を提案。新たなコンセプトに合わせて商品デザインもアップデートし、どんなファッションにも合わせやすいニュースタンダードなプロダクトが完成しました。

コミュニケーション設計

Makuakeの特性を踏まえたページ構成

Makuakeでの販売にあたり、様々な事例をリサーチしながら顧客層やユーザー特性に合わせた商品の見せ方・訴求内容を検討。伝えるべきことの優先順位付けや、顧客視点でのメッセージ開発を行いました。また、訴求において重要となる画像の撮影ディレクションも行いました。

実装

プロセスを大事にしたプロジェクト進行

今後のブランドの成長に繋げていくため、こちらからの一方的なご提案ではなく、丁寧にディスカッションを重ねながらプロジェクトを進行。結果として昨年を超える数のサポーターの方々から応援購入をしていただきました。