ブランディングやWEBマーケティングの事なら

MOVIE

ブランディングVRの未来

2016.02.25

ブランディングにVRを活用することで、よりリアルなブランド体験を実現可能となり、それは時間の概念すらも超越したコンテンツとなります。

「DMM VR THEATER」 内覧会に参加してきました。 ブランド認知度拡大と共に、よりブランドの想いや体験をリアルに伝えることができると実感しました。

過去の映像を見ているにも関わらず、未来を見ているかのような不思議な感覚となりました。 最新技術を応用することで、未知の体験を味合うことによる衝撃は、これまでとは一味違う新しいブランド体験でした。

ブランディングVRの未来は、現実と非現実の区別がつかない程に洗練された世界観を五感で体感することが可能となり、もはや現実には満足しない価値観が誕生するかもしれません。また、人工知能とも融合されていくことで、人間の知を超越した体験をすることになるかもしれません。ただ、いつになっても人間の感情や雰囲気から誕生したブランドやコンテンツの温かみを感じることができるのは、たぶん人間であり、非現実空間や機械では感じることができないからこそ、真の価値があるのだと思います。

少し話が逸れましたが、エンターテインメントにおける活用以外にも、アイデアベースで様々な活用が考えられます。 フラクタから、DMM VR THEATERを活用した新しいブランド体験の提供が可能となりましたので、ご興味ございましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。