ブランディングやWEBマーケティングの事なら

BRANDING

続々日本に上陸!海外ブランドを訪問 part1

2015.08.25

GORILLA COFFEE

暑さに加えて湿気も強くなり、夏本番まであと少し、外出もおっくうな季節となってきました。そんな季節、 お気に入りのコーヒーショップがあれば暑い日のお出かけもぐっと楽しくなりますよね。そこで今回は海外からやってきた最近話題のコーヒーショップを2件続けてご紹介します。

まず1店目は「ゴリラコーヒー」。赤と黒のパッケージが印象に残るニューヨークで大人気のコーヒーショップです。2015年1月、日本第1号店が渋谷にオープンしました。 ゴリラコーヒーの始まりは2002年。ニューヨークの人々に美味しいコーヒーをもたらすためにブルックリンにて発祥。オーナー自らが産地へ赴き直接買い付けるオーガニック100%のコーヒー豆を使った「力強いインパクト」のコーヒーが楽しめるコーヒーショップです。力強いコーヒーが売りであることをわかりやすく伝えるため、ゴリラコーヒーと名付けられたそうです。アメリカ紙「The Daily News」で「NYで飲める美味しいコーヒーBEST5」に選ばれていてその味は折り紙つき。人気アパレルブランド「JOURNAL STANDARD」や、日本でも関東を中心に店舗数が多い「J.S.PANCAKE CAFE」を展開するBAYCREW’S GROUPが運営しています。 創設者のキャロル・マクフライン氏は日本のスペシャリティコーヒー市場に魅力を感じ、ゴリラコーヒーを日本へ進出させたそうです。渋谷店では、ブルックリンの人々に愛されているコーヒーだけでなく、アメリカンテイスト溢れるオリジナルフードメニューも味わうことができます。

ゴリラコーヒー渋谷店は、渋谷駅から約7分の場所に位置しています。店内は広々としていて、開放的なつくりになっています。平日14時ごろの訪問で席にはかなりのゆとりがありました。

注文したのは店員さんオススメの「プアオーバーコーヒー」と人気商品の「ゴリラドック」、それから「バナナミルクシェイク」です。 「プアオーバーコーヒー」とは店員さんが一杯ずつハンドドリップで淹れてくれるコーヒーのことで、豆も自分好みのものを選ぶことができます。今回は渋谷限定、新発売の渋谷ブレンドをセレクトしました。かなり酸味の少ないコーヒーで、比較的薄め。苦味が強いコーヒーが好きだけど濃すぎるコーヒーは苦手 、という方にはかなりオススメです。「ゴリラドック」は写真の通りかなりボリューミーです。噛みごたえのあるパンに大きなソーセージが挟まっており、その上からフライドオニオンがたっぷりとかかっています。食欲をそそるオニオンの香りがたまりません。女性なら1つで十分満腹になると思います。「バナナミルクシェイク」はバナナが濃厚でとても贅沢。もう1杯飲みたくなる絶妙な甘さです。

今回は注文しなかったのですが、スイーツでは「バナナチーズケーキ」が人気商品で、夕方には売り切れてしまうこともあるそうです。こちらが目的の方は早めの来店をオススメします。

ゴリラコーヒーの特徴はフードメニューの豊富さです。ランチや軽食など様々な目的を持つお客様が来店できます。コーヒーの差別化だけで勝負するのではないこの姿勢は、昨今のコーヒーブームに囚われず、長期的に顧客の心を掴もうとする工夫が感じられます。現に私も、コーヒーやフードのおいしさももちろん、良心的な価格や過ごしやすい空間、店員の心遣いなどに心打たれすっかりファンになりました。ここを一度訪れてしまえば、大手チェーンのコーヒーショップではもう満足できない!と思われる方もいるかもしれません。

次回へ続く…

GORILLA COFFEE

  • 住所:東京都渋谷区神南1-20-17 1F・2F
  • アクセス:渋谷駅より徒歩7分
  • 予算:〜1000円
  • 営業時間:7:30~22:00
  • 定休日:不定休
  • TEL:03-5784-2747
  • 公式サイト:http://gorillacoffee.jp